持田叙子『荷風へ、ようこそ』

朝の地震のニュースがつづいています。

Twitterでも知人の無事が報告されていますが、、、。

c0333248_10522925.jpg
永井荷風の日記『断腸亭日乗』の1923年9月1日の記載には、関東を襲った震災のことが記されています。

その日、荷風は家の書架の近くで本を読んでいました。

だから、揺れによって本が落ちてきて驚き、本を持ったまま庭に出たとあります。

そのあとの避難や荒廃した東京を歩きまわったようです。

やっと自宅の庭掃除をしたのは18日。その間は長いです。

c0333248_11044327.jpg
ところで、荷風は日記に庭掃除や花木のことを書きとめていますが、この人がシンプル・ライフを実践しようとした作家であったという見方を知ったのは、この本を読んでからでした。

c0333248_11070695.jpg
持田叙子『荷風へ、ようこそ』(慶應義塾大学出版会)。

銀座、浅草に遊び、昔にいう花柳界のことを書いた作家とだけ思われがちですが、私生活は住まいを好みにしつらえ、庭掃除をし、ひとり居を楽しみつつ過ごした人であったそうです。そのことが作品や日記から詳しく書かれています。私はこの本を読んで以来、荷風の生活者の面に関心を持ちました。

荷風はつきない魅力があります。『断腸亭日乗』の拾い読みも楽しいものです。

雨の日もは晴れの日も、家で本を読み、そのあと街に出ていき、古本展覧会(古本市のようなもの?)やカフェ、友人、その他いろいろに寄り、日々を過ごし、いろいろな感想を書きとめています。

c0333248_12211804.jpg
曇り日がつづきますね。でも、こんな日に荷風はどうしていたか、あるいは自分の好きな作家、城夏子は、森茉莉は、鴨居羊子は、と読んでみるのもなにかしら発見があります。

c0333248_14345742.jpg


今日もいい日に。









# by komako321 | 2018-06-18 12:22

ハワイ島ヒロで

梅雨寒でしょうか。

軽いコートかカーディガンがほしいですね。

ハワイ島の火山はまだ活発で、島の人々にも被害が出ているとのニュースに早く終息をと願っています。

自然のことなので、人間がどうすることもできませんが。

以前、あの島で1週間過ごしました。ホノルルにはわずか1日いただけで、観光もしていません。

ひたすらハワイ島のヒロという都市にいました。とても緑の多い、海もきれいで、穏やかな人に出会えた島でした。

c0333248_09350025.jpg
そのときに、日系人が働いていたスイサンという小さな魚市場で、7人くらいいらした日系の方(移民だといっていました)と出会いました。その方々はちょうど休憩をしていました。スイサンというのは日本語の水産からきているそうです。私たちは魚を買おうかなと見にいっていたのです。そこにいた年配の方から自分は日本のどこから来たかなど、話をしてくれて、この島にきてからの歴史に及び、ヒロではかつて津波があって被害が出たことを聞きました。あのあたりまで波が来たと具体的に。

そこで、話のあとその方たちから「日本の歌を歌って」と頼まれました。歌なんて下手ですが、いっしょにいた子どもたちを含め大人も2人で「七夕」を歌いました。声をはりあげました。「七夕」を選んだのは、そのとき7月だったからです。

そうしたら、懐かしそうにしてくれて、拍手してくれました。

そんな思い出があるので、あの方たちはどうしているだろうと、今回のことでも心配なのです。

ヒロのタクシーの運転手さん・女性は「ホノルルに出かけることは1年に1度くらい」といっていました。

きらびやかなハワイとは別のもうひとつのハワイがそこにはありました。

c0333248_09333326.jpg

豆乳シャーベット研究、今日は番外編で、豆乳ではなくヨーグルト飲料でやってみました。

c0333248_09212936.jpg
パイナップル味です。
c0333248_09225590.jpg
ヨーグルトシャーベットというものがお店で食べられますが、あの味です。そのパイナップル版。おいしいですが、豆乳の方が味に慣れたせいか、よりおいしいような気がします。

c0333248_09361427.jpg

今日もいい日に。


# by komako321 | 2018-06-17 09:37

城夏子『また杏色の靴をはこう』

365分の1。

今日のことです。なんか分母が少ないですね。

あっという間に今年も半分が終わりそう。

あ、いえ、まだ半分あると思えば、ゆとりが出てきました。

また、本の話。

城夏子という作家をご存知でしょうか。

亡くなって年月が経つので、もうあまり読まれていないかもしれません。

こんな本があります。

c0333248_11355386.jpg
城夏子 早川茉莉編『また杏色の靴をはこう』(河出書房新社)。

城夏子という人は少女小説を多く書いた人ですが、67才で千葉県の有料老人ホームに入居。そこでの暮らしぶりを明るい文章で書きました。これもその1冊です。

城さんは楽しく考え、おしゃれな生活をしておちゃめな少女のようであると同時に、ホームの人間観察も怠らず、という暮らしぶりがユーモアを交えて書かれています。

自分を「幸福病」だといい、愉しさを見つけ出す天才とでもいうような人です。

でも、ときにはめげてしんみりするとも書いてありますが、それを乗り越えるために「気をとり直す」ことを提案しています。

「私の今考えている生きる喜びは、例えば一群れの野のすすきを見て、気をとり直すという生き方を見出す、というふうに、何かを考え出す、見つけるということにあるのです。」

このとおり、城さんは花を愛で、部屋を整え、おいしい料理をつくり、自分のこころを引き立てて暮らました。その様子が本から目に浮かびます。

もう、この作家に日が当たらないのは残念ですが、本が残っているのはありがたいこと。いつでも城夏子という愉しがりやの声を聴くことができますから。

c0333248_13162325.jpg
さて、豆乳シャーベットの研究のつづきです。

今日はこれです。

c0333248_13174109.jpg
白桃味。

c0333248_13184094.jpg
シャリシャリ。あ、の味、おいしい! バナナ味につぐ味の良さです。
c0333248_13213136.jpg
今日もいい日に。














# by komako321 | 2018-06-16 13:23

『季節のうた』のこと

晴れから雨に目まぐるしく変化しますね。

今日など、長袖の服になりました。

先日、本屋でこの本が積まれていたので、懐かしくなり買ってしまいました。

c0333248_10064952.jpg
以前、好きでよく図書室で借りて読んでいました。

いまたくさん出ている家庭暮らし本の元祖とでもいうような本ですね。

ていねいな料理つくり、保存食つくりは和風、ヨーロッパ風の筋金入りで、工夫があって、あこがれでした。朝食にパンの代わりにマフィンビスケット、ミルバートーストをと書かれていて、なんて優雅と感動ものでした。

達意の文章で、加えて「ようでございます」「ございましょう」といまや使われない山手のていねいな語尾がそのまま書かれていて、なんとも女子のこころに響きました。

12ケ月に沿って暮らしのあれこれが書いてあるのですが、6月の章を見ると、「衣がえ」があります。

衣服と同時に、「家庭内の食器、家具類の入れ替え、その出し入れの仕草にさえ、しみじみと初夏を感じます」と、かき氷入れのコップを出し、吸いもの椀を夏吸いものの小さな瀬戸物になどに変えることなどが書かれています。

いまや、なかなかやらないことだなと思いますが、こんな暮らしが昭和に行われていたんですね。

この著者にいまでもファンが多いのはなぜでしょう?

かくいう私もその一人ですが。

あ、母から譲られた夏用の桔梗の絵が描かれたガラスのコップやお皿がありましたっけ。もう長いことテーブルに出していないことに気がつきました。

あれを出してあげよう。

c0333248_10394113.jpg
今日もいい日に。






# by komako321 | 2018-06-15 10:41

駒場東大のレストランと七月堂古書部

昨日は東大の図書館の展示を見に駒場まで行ってきました。

明るい日差しの気持ちのいい空気があふれていました。

c0333248_06172009.jpg
門です。

c0333248_06183072.jpg


門扉の透かし模様がきれい。

c0333248_06191941.jpg
構内に緑がいっぱい。

c0333248_06200938.jpg
ひとつのお目当てのレストラン。ブラッスリー ルヴェ ソン ヴェル 駒場。長い名前のフレンチの店。

混んでいて30分待ちでした。

このレストランのドアも美しい。

c0333248_07334407.jpg

だれでも入れます。むしろ、東大生はここには来ていません。学食に行くのでしょうね。

c0333248_06290370.jpg
サラダが食べ放題。

メインの料理。これにコーヒー、紅茶付きで1,080円はリーズナブルです。

c0333248_06295248.jpg
お腹もいっぱいになり、図書館へGO。

c0333248_06321610.jpg
学外の人は本は見ることができません。催しのみ閲覧可でした。

c0333248_06340840.jpg
近代的な図書館。

このあと、大学生協前のテラスで気持ちよい初夏の気分を満喫。のんびりしてしまいました。

c0333248_06350705.jpg
構内の緑がとてもきれい。

というわけで、友人と行ったのですが、面倒なこともなく、すんなり入れて、おいしいレストランもある大学でした。

そのあとは、明大前の七月堂古書部へ。(この部分の写真は4月に行ったときのものです)

c0333248_06503894.jpg
かわいい入り口。

c0333248_06521260.jpg
店内。

c0333248_06530737.jpg
手芸品も扱っています。見ているだけで楽しい。

詩歌を中心にいい本が揃っています。明大前から5分です。

今日拾ったことば。

「目の保養は脳の保養」(「脳科学でストレスに強くなる」『婦人之友』2018.5月号より)。

脳内科医の加藤俊範さんが「ストレスから抜け出せなくなった脳を活性化するには、まずは外に出て目を使うこと。何かをじっと見て目を使い、気分転換します。話題の絵画を見に行く、星を見る、手を見る、ゆっくり歩く、人に会うなど色々な視点や視野で目を使いましょう」といっています。

ストレス解消のためにも、たまには家から出て、外の景色を見るのが大事なんですね。

このほかにも「落ちこんだときに 歩いて視覚を刺激する」「人生がつまらないと感じたら 鏡を見て笑顔になる」「マイナス思考になってきたら よかったことをノートに書き出す」「疲れたとき・イライラするときに 体の負担を軽くする」など、脳医学の面から提案しています。

脳医学ってむつかしいことのように思っていましたが、加藤さんは生活のなかで意外と簡単にできそうなことをアドバイスしてます。

なにか一つやってみようかな。あ、昨日は外に出て緑をしっかり見てきました。ちょっとストレス軽減につながったかも。

c0333248_07253317.jpg

今日もいい日に。















# by komako321 | 2018-06-14 07:27

見たこと本を読んだこと発見したことを暮らしつくりの1年生になってつづります


by komako321
プロフィールを見る
画像一覧