映画「日日是好日」と幸田文の言葉から

今日も晴れでしょうか。

c0333248_06064807.jpg


昨日観た「日日是好日」はお茶のお稽古とともに主人公の女性が成長していく様子が描かれていました。

そういえば、私も20歳のころに、江戸千家という茶道を友人のおかあさんがなさっているから、お稽古にいらっしゃいといわれて行ったことがありました。

c0333248_23380884.jpg


表千家でも裏千家でもない、江戸千家。知らない流派でしたが、数回行きましたっけ。

この江戸千家、いま調べたら、次のように書かれていました。

当、江戸千家は上野の桜、不忍池の蓮、向ヶ丘東大の銀杏、谷中の寺々に囲まれて今日でも季節感や江戸の人情の残る地域にあります。喧騒な東京都内の「市中の隠」として、通ってくる門人、訪れる客人達によって維持されています。」(「江戸千家事務局」ホームページより)

たしかに行ったところは、書かれている地域のどこか(どことは思い出せませんが)の町だったような気がします。

お茶のお稽古は私には合わず、行かなくなってしまいましたが。

映画ですが、しっとりと20数年間の女性の変化がお茶の先生の印象的な言葉とともに進んでいって、印象に残りました。

c0333248_06053758.jpg

先日、残ったご飯を食べるとき、いつもならレンジにかけるのですが、そうだ、母がやっていたように蒸し器で蒸してみようと思いまいした。

準備が面倒と思っていましたが、やれば簡単なことですね。時間もかかりませんしね。

そして、蒸したご飯はおいしい!

あたたかく、やさしくふんわりでした。

時間があれば、蒸したご飯にしようと決めました。

c0333248_06525293.jpg


幸田文に「台所雑談」(『番茶菓子』所収)というエッセイがあります。

この作家のこと、ましてや台所仕事のことですから、何が書いてあるのか、きびしい言葉かと心して読みました。

ここで幸田文は、台所に文明の利器(ここで挙がっているのは冷蔵庫、皿洗い器←機ではなく、缶詰料理)はもっともっと採りいれるほうがいいといってはいるのですが、「けれども折角整備された台所で、薄ぼんやりした文明ぼけの人間が無気力に、しかも苦労なしに美味をつくったところではじまらないのではなかろうか」ともいっています。

わ、きびしい! でも、これでこそ幸田文。これがいえるのが彼女だと思いました。

現代は幸田文の時代よりも一層文明の利器が台所に入り込み、いかに時間をかけず、労力をかけずに料理をつくるかがテーマになっているほどです。

そのことも大事。そうでないと、女性が働くことはできませんから。

でも、ときに幸田文の折り目正しい姿勢にふれて、見直すこともあっていいかなと思いました。

c0333248_06514028.jpg


今日もいい日に。



# by komako321 | 2018-10-19 06:54

北欧ワッフル

今日は朝から錦糸町へ。

駅ビルにオスロカフェという店がありました。

ムム、ここでモーニングにしました。

c0333248_09433013.jpg


北欧ワッフル付きで500円。

北欧には行ったことがないので、本物のワッフルはわからないのですが、かりっとした食感で、なかは柔らかでした。

たまには朝から知らない街の旅人?になるのも楽しいですね。

今日はここで映画「日日是好日」を観ます。


今日もいい日に。
# by komako321 | 2018-10-18 09:40 | 食べもの | Comments(0)

カール・ラーション展に行きました。

空気が冷めてきました。

この時期、うっかり風邪をひくこともありそうですので、気をつけたいですね。

カール・ラーション展に行ってきました。

カール・ラーションは、スウェーデンの人気画家(1853-1919)。家族をモチーフにした絵はあたたかで親しみやすく、好きです。

c0333248_07184673.jpg

ラーションの妻カーリンも若い頃は絵を描いていましたが、結婚後は7人の子どもを育てながら、テキスタイルや家具、工芸に才能を発揮し、家の中をデザインしたことでも知られています。たくさんの子どもを養育しながら、こうした仕事もやっていたことに心から驚きました。

彼らの生みだしたデザインやライフスタイルは現代にマッチしているので、高い人気が日本でもあるのでしょうね。

家具やインテリアの意匠は現代のスウェーデンのデザインにも影響を与えているということを聞いていましたので、北欧、スウェーデン好きの私には待っていた展覧会でした。

c0333248_07261834.jpg

新宿の東郷青児記念損保ジャパン日本興亜美術館で開かれています。

c0333248_08004061.jpg

会期は2018.9.22日〜12.24日までです。

c0333248_07285095.jpg

美術館はビルの42階にあるので、こんな眺めも見れました。

展覧会にはカール・ラーションが家族を描いたたくさんの絵がありました。家族にそそぐあたたかな眼差しの絵から、幸福な家庭の理想的な姿がかんじられます。

c0333248_07542792.jpg


本の挿絵も大事な仕事と彼は考えていたようで、素晴らしい挿絵を見ることができます。

カール・ラーションはあたたかな家族をたくさん描きましたが、ストックホルムの貧しい家庭に育ち、救貧学校に通い、絵を描くことでも苦労もあったようで、そのためなのかどうか、苦悩が影のようにあらわれている作品もありました。

日本の美術の影響もあり、浮世絵にも親しんでいたようです。

妻カーリンの織ったタペストリー、敷物、クッション、布、着た服なども斬新で、素晴らしいデザイナーだったことがうかがえます。

彼らは家そのものをアートにしたともいえる人たちで、インテリアの面でも楽しく見ることができます。

リビングを模して本物の椅子がおかれてあったり、部屋のコーナーがそっくりにあつらえられていたりもします。

写真が撮れなかったので、載せられませんが。

最後に彼らの家の有名な居間を真似た部屋があります。これです。

c0333248_07444943.jpg

すべて、イケアの家具でできているのです。

c0333248_07302314.jpg

イケアの源流がここにあったんですね。

「☆日々を美しく。

理想を生きた手づくりの暮らし。

家族をモティーフにした温かい作品で知られるスウェーデンの国民的人気画家カール・ラーション(1853〜1919)。彼は昔ながらの伝統が残るダーラナ地方に「リッラ・ヒュットネース」と呼ばれる家を入手し、妻カーリンとともに理想の家へ改装していきました。その暮らしぶりを描いた画集は現代のスウェーデンのインテリアに深い影響を与え、各国でも翻訳出版されています。本展は、絵画をはじめ、夫妻がデザインした家具やカーリンのテキスタイルなど日本初公開を含む品々を展示し、世界を魅了したライフスタイルに迫ります。」(東郷青児記念損保ジャパン日本興亜美術館のホームページより)

c0333248_07593513.jpg
スウェーデン風景

今日もいい日に。


# by komako321 | 2018-10-16 08:02

「愚直に」--コーチから見た宮原知子さん

しっとりと雨の降る日曜日ですね。

こんな日は家でゆっくり読書や手紙書きなどしたいなあ、でも用事あり。遠方からの方に会いに出かけてきます。

c0333248_08353479.jpg


昨日は詩の朗読やお話の会があり、夜遅くまで外出。

夕方、室内から外に出ると冷や冷やと寒いので、カーディガンを1枚買って防寒しました。(至急なのでお安いものを)

本格的に寒さに傾斜していくことを知らなければ、風邪をひいてしまうので気をつけたいです。

c0333248_08360936.jpg

今日拾ったことば。朝日新聞2018.10.14日のスポーツ欄「未来ノート」より。

フィギュアスケートの宮原知子さんのコーチがいったことばを記者がまとめたもの。彼女の第一印象は「わりと滑りはよかったんだけど、不器用な子。何をしても時間がかかった」。シングルアクセルの練習でも転んで水浸しになり、「毎回、3,4回は着替えていました」そうです。陸上でのイーグルは「十年くらいかかった」とも。でも、彼女は「いつかはできるようになると信じています」と愚直にやり続けて、いまのトップ選手になっていったそうです。

「愚直」っていうことばを久しぶりに読みました。

できなかったら、あきらめ、別のことをやってもいいのに、ひたすら練習を積み上げる。

これが秀でていくことに繋がるのですね。

「愚直に」とは、いいことば、いい姿勢、それが能力だと思いました。

c0333248_08481928.jpg

今日もいい日に。






# by komako321 | 2018-10-14 08:51

調布、ちょこっと街歩き

今日から少し気温が下がるようですね。

本格的に秋の服を着る季節がきたんですね。

c0333248_06281672.jpg

昨日は、調布の友人たちに地元のお店を案内してもらいました。

調布にはよく行くんですが、駅ビルくらいで知るお店もなかったので、よい機会でした。

まず、カレーのお店へ。

かれんど。

ここはテレビなどでも紹介される店とのことです。

c0333248_06342237.jpg

インドカレー店。駅から2,3分の路地のなかにありました。

c0333248_06362893.jpg

なかの壁。賑やかです。

c0333248_06375076.jpg

調布のキャラクター、ゲゲゲの鬼太郎のポスター。
c0333248_06391002.jpg

私はチキンカレーオムライス。白いご飯に焼きをのせたものにカレーをかけてあります。たしかこれで700円。安い。

チキンカレーキャベツ豆腐サラダがつきました。

カレーはサラッとしたかんじで、美味しいです。

c0333248_06462064.jpg

友人たちはこのカレー。キーマオムライス

予想をはるかに超えた存在感。友人たちが辛いけれど、美味しいといっていました。

これで、750円は安い。

この店のご主人は気さくに話しかけてくれるので、とっても明るいいいお店でした。

c0333248_06512733.jpg

お店の前。

さて、この隣に古本屋さんがありました。

入ってみると、本揃えがとても私好み。

古本円居です。知らなかった本屋さんを見つけるのはとてもうれしいことです。

c0333248_07023977.jpg


ゆっくり来たいと思いました。

c0333248_06571402.jpg

あとは、和カフェ(これは駅ビル内)で、お茶でした。ここも日本茶、ハーブティなど各種あり、楽しめました。

調布はまだまだ奥が深い街。

いろいろ歩いて楽しめそうです。


c0333248_07030646.jpg

今日もいい日に。


# by komako321 | 2018-10-12 07:09

見たこと本を読んだこと発見したことをつづります


by komako321
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る