武田百合子のエッセイ

長かった雨の日も小休止。

少し薄日が差していますね。

c0333248_11095755.jpg

前回、7月13日に浅草にいたこと、思い出した武田百合子の『遊覧日記』から「浅草花屋敷」の章のことを書きました。

友人がメールをくれて、同じ日に浅草にお墓参りで来ていて、花やしきに行こうかと連れの人と話していたそうで、偶然にもどこかですれちがっていたのかと思いました。

ところで、『遊覧日記』を読み返したのですが、やはりいいです。この作家の文章って、じっと見ていることを書くんですが、それってなかなかできません。つい、見たことの感想を書きたくなってしまうんですね。私もそうです。

それから、文章を知識で書いていない、これってすごいことです。

えらそうに知識をひけらかすことはだれでもできるけれど、この人は自分が見たこと、聞いたことを書いています。

上手くて上手くて、はあっとため息をついて、読み終わりました。

そしてこの本は武田百合子流の「物見遊山」の仕方の本でもあります。

c0333248_11092399.jpg

今日もいい日に。

# by komako321 | 2019-07-17 11:12 |

「『金曜日、花屋敷は休み』と貼紙がしてある。」-武田百合子の言葉から

雨ですね。

先日、台東館というところで開かれた紙博というイベントに行きました。

手紙社が主催する大きな紙ものの展示販売会です。

会場にはさまざまな紙製品、手帖、折り紙、ノート、袋などがたくさんあり、作り手が売っていました。

そこを出て、歩いていると浅草寺が横に見えます。

ああ、ここ浅草だったんだとなにか思いがけないところにいるような気がしました。

幼い頃、祖父と母とよく来ました。

c0333248_12275269.jpg

なんでかな? 今日浅草を歩いているなんてと考えたら、その日は13日、お盆の入りの日で、お寺参りのあとそこに直行していたのでした。

信心など深くもないし、無宗教。そんな一致など信じはしないので、不思議と思っただけですが。

そして、武田百合子の『遊覧日記』(ちくま書房)を思い出しました。

冒頭が「浅草花屋敷」でしたね。

「わが家の茶の間には『金曜日、花屋敷は休み』と貼紙がしてある。」

そんな言葉が書かれていたことを思い出しました。花屋敷、行ってみようかなと思いましたが、こんどゆっくり来ようかと先を急ぎました。

花やしきと、いまは書くそうですが、そこは金曜日も現在は開園になっているようです。

当時のさみしげな花屋敷を武田百合子はエッセイに残してくれました。

銀座浅草線を出たあたりの地下道も書いていましたっけ。

c0333248_09185860.jpg

「浅草は『東京の心臓』であり、また『人間の市場』である。」と書いたのは川端康成でした。「日本一の盛り場である」とも。

繁華街は各地に増えましたが、いまも外国の人たち、日本人、、、たくさんの人が歩いて賑わっていました。「盛り場」というのが似合っています。

c0333248_09243446.jpg

c0333248_09250068.jpg

梅雨の合間のある日のことでした。

c0333248_10031550.jpg


今日もいい日に。

# by komako321 | 2019-07-15 09:30 | 散歩

ジョアン・ジルベルトの「イパネマの娘」を聴きながら

霧雨で景色が曇って見えます。それはそれで、ターナーの絵の世界のようです。

涼しいので、家族の一人が風邪をひいてしまいました。

どうぞ気をつけてください。

c0333248_10245548.jpg

おかゆが食べたいという家族からを落としてねといわれ、そういえばと思い出したのが、私の母のおかゆでした。

やはり、おかゆにをポンと落としてありました。風邪で食欲のない身体にもこれがおいしく食べられました。

母の味で思い出すのは、お赤飯、おむすび、深川めし、五目ご飯、焼き、、、そうだおかゆもあったんだなとあらためて気づきました。


今朝は大好きなボサノヴァのジョアン・ジルベルトの「イパネマの娘」を聴いています。彼の音楽から人生のため息が聞こえてきます。

c0333248_10542972.jpg

今日もいい日に。

# by komako321 | 2019-07-12 10:58 | 音楽

自分の世界を手仕事で-服をリメイク

涼しい日がつづきますね。


c0333248_21233834.jpg

この頃のテーマは、食材を残さない。当たり前のことですが、なかなかできずにいました。

賞味期限が来て、捨てるときにとても後悔します。これ、なんどもなんども後悔するので、いい加減いやになり、その後悔のストレスを失くしたいと思いました。

ときどき食品置き場や冷蔵庫をひっくり返して確かめ、あ、もうすぐだと思ったら、キッチンシンク横に持ってきてしまいます。

そして次の料理に使う。頭に賞味期限を入れておくのは困難だと思ったから。

見えれば使う。なんでここに缶詰があるか一瞬でわかり、行動できる、なんてだれでもやっていることに気がついたわけです。

c0333248_10195625.jpg


ハンドタオルのお古は切って、キッチンペーパー代わりに。これはよくやられていますね。

そんなことをしているある日、友人がいつもセンスよく、彼女らしいファッションだと気がつきました。

毎回会うとちがう服なのですが、どこかに手作りのものがあるのです。

先日は、掛けていた四角いポシェットがいいので訊くと、「息子の幼稚園のお弁当入れだった」とのこと。それはもともとキルトの食事ナプキンでお弁当入れにしていたが、このほど復活。留めるところをつけて、肩に斜めがけできるように、ワンピースの紐を付けて(それもボタンホールがついていたんだそうで)、ボタンで留めるというアイデア満載のポシェットになったのでした。

ワンピースの裾も変形だったのを切って、自分の好きな長さに変えたとか。

あるときは、襟のついたデニムのジャケットの襟と長めの袖を切り、切ったところはバイヤスでくるんでアクセントになっていました。

c0333248_10201927.jpg


今日、スクラップブックを見ていたら、女優の吉行和子が買ったままでなく、自分で手を加えるのが好きといっている記事を発見。

服に毛糸を加え、色とりどりの毛皮風に、アップリケ、ボタンなども既成服にプラスしてオリジナリティを出しているそうです。また、スパンコールの帽子をポシェットにと工夫をこらし、天井、壁紙まで手仕事で貼ってしまうなど、「衣装係が希望だったんです」という好きなことを生かして暮らしている人だと知りました。(どこに載っていたのかメモしていませんでした、残念)

そういうこと、やってみたいなと思った日です。

c0333248_10132473.jpg


今日もいい日に。

# by komako321 | 2019-07-10 10:15 | 手づくり

神楽坂は江戸と現代を感じる街でした。

先日、神楽坂に行ってきました。

c0333248_06295066.jpg

昔は山の手銀座と呼ばれた街。いまも、チェーン店が多かったですが、昔ながらの商店も少しは健在でした。

c0333248_06340092.jpg

こういう路地、いいですね。遠足人にとっては。

c0333248_06352905.jpg

ここは個人宅ではないようでした。洋館。

神楽坂のカモメブック。
c0333248_06363453.jpg
ここに行きました。新刊本屋さん。

c0333248_06392022.jpg

かなりセレクトした本とcafe。

c0333248_06400904.jpg

ブックカバーもおしゃれです。

c0333248_06405441.jpg

雰囲気のいいブックcafeなんですね。

c0333248_06430097.jpg

歩いていてもあきない。

c0333248_06442489.jpg

あの神社に。

ここがびっくりするほど、モダンな神社でした。

c0333248_06491958.jpg

c0333248_06495355.jpg

6月29日だったので、翌日のために夏越の輪くぐりが用意されていました。チガヤで編んだもので、ここを8の字でくぐるそうです。

c0333248_06503728.jpg

c0333248_06543543.jpg

これが神社の境内。おしゃれなcafeがあり混んでいました。

この神社の境内の設計は隈研吾さん監修だそうです。

c0333248_06572184.jpg

c0333248_06581936.jpg


さて、外へ。

c0333248_06585467.jpg

肉屋さんで、コロッケを買いました。

街はこんなふう。

c0333248_06595804.jpg

そして、路地には江戸を偲ばせる街が。

c0333248_07004683.jpg
林芙美子、夏目漱石、田山花袋など、文学者に縁のある街なので、ゆっくり歩きたいです。

c0333248_07051771.jpg

あ、ペコちゃん焼きがありました。

c0333248_07060279.jpg

どんどんつくられています。全国でここでしかペコちゃん焼きは売っていないそうです。初めて食べました。

c0333248_07065218.jpg

昭和のキャラクター人形ですね。いました。

c0333248_07075960.jpg

ペコちゃんがちょっとこわい顔にも見えるのは、目かな。ミルキークリーム入りを買いました。

そのあとは、紀の善へ。

c0333248_07095244.jpg

甘味処。

c0333248_07124303.jpg

これかき氷です。あんこがどーんとのっていました。すごいボリューム。

c0333248_07122469.jpg

これは杏あんみつ。杏とあんこの取り合わせがおいしかったです。見た目もきれいです。

だいぶ歩いて帰りました。

c0333248_07161828.jpg

今日もいい日に。

# by komako321 | 2019-07-08 07:18 | 東京

見たこと、読んだ本のこと、聞いたことを書いています


by komako321
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る